神奈川こすもす:清水宏明からのメッセージ

1.神奈川エリアにおける葬儀マーケットの変化

当社の商圏である横浜市及び川崎市は人口が増加、所得も高く、葬儀業としては成長している市場です。

また地方出身者が多く地縁が無いため、葬儀社選定に対するしがらみが比較的薄い地域です。

生活者においては、他の地域同様に、家族葬、直葬に代表されるシンプルな葬儀の需要が高まり、葬儀の小規模化・簡素化が進んでいます。核家族化、あるいは少子高齢化の進行や都市部を中心に親族、近隣との関係が希薄化し、生活者の葬儀に対するニーズは「無駄なく手間のかからない葬儀」となり、そのための葬儀社選定の基準は「価格(の安さ)」と「システムの明瞭さ(例えば明朗会計)」に変化してきています。
また、インターネットを中心に葬儀ビジネスを展開する企業の参入、成長も目立っています。
 

2.葬儀市場の変化とそれに対する当社の変化対応について

当時としては新しい葬儀のスタイルであった「家族葬」を前面に打ち出した、「家族葬専門葬儀社」として、低価格路線の差別化集中戦略を実施し、川崎市川崎区に、家族葬を専門に対応するための小規模な葬儀施設を開設しました。

また、「家族葬」だけではなく、それまで極端に低単価の為に従来の葬儀社が避けてきた「直葬」(通夜・告別式などの儀式を行わない火葬のみの葬儀)を専門的に取り扱う事で、当時の風潮であった、低価格で簡素な葬儀を希望する生活者の希望に対応し、メディアに大きく取り上げられる事で認知度が向上しました。

弊社は収容力の高い専用安置施設と、数人の参列者でも広すぎない超小型式場を、横浜市・川崎市で8か所ドミナント展開しています。家族葬などの小規模葬儀に特化した施設と、専用の安置施設を運営する事で、顧客の待ち時間や費用負担を解消し、顧客満足を向上させ同業他社との差別化を実現しています。

低コストでの葬儀施設の出店と、高い稼働率の実現によりリーズナブルな価格でお客様にサービスを提供することで、他社との差別化が実現でき、口コミやリピーターによる依頼も増加しています。結果として、葬儀施行件数およびシェア率は年20%~30%で増加し続けてきて、地域でも高い成長を実現しています。
 
3.葬儀業界においてIT化・デジタル化がもたらすメリット

顧客にとってはインターネットによる葬儀に関する情報発信により情報の非対称性の解消というメリットがあります。

葬儀業界にとって、これまで葬儀社と顧客の間には情報の非対称性が存在し、生活者は本来求めるべき適切な情報が得られない状況にありました。この事は、生活者による葬儀の規模や費用の選択、またそのための葬儀社の選定にも大きく影響しました。生活者が葬儀に関する適切な情報を得る事が出来ない場合は、それらの選択について地域コミュニティ内での口コミなどに依拠する所が大きかったのですが、現在では葬儀に関するタブー意識の変化や、インターネット等により情報の非対称性が解消されつつあり、葬儀も他の商品サービス同様に、購入時に複数のサービスを比較検討したり、故人や自分にふさわしい葬儀のスタイルを選んだりと、ひとつの消費として見直される傾向にあります。

商品・サービスにおいては、知識や経験のない生活者にはわかりづらい葬儀の内容をパッケージ化して選びやすくし、「明朗会計」「追加料金不用」を謳うことで、生活者の不安を取り除くことが出来ました。
 
4.当社とライフアンドデザイン・グループの関係、ライフアンドデザイン・グループに期待すること

弊社は順調に事業成長を実現していますが、これまで以上に顧客の葬儀社選定の基準はダイナミックに変わっていくことが予想されます。こうした中で、弊社が競争に勝ち生き残っていくためには、今後の環境の変化と顧客の意識、葬儀社の認知経路と決定要因の変化の動向を予想し、それに即したマーケティング戦略が重要となってくると考えます。

この戦略実現のためには弊社が単独で施策を講じるだけでなく、志を共にするグループ内の葬儀事業者と協力して戦略の策定を行う事でより多くの知見を得る事が可能となり、これにより、より有効なマーケティング戦略が構築できると考えます。ライフアンドデザイン・グループには、そのためのけん引役、ハブとして企業間アライアンスを強力かつ柔軟に進める役割を期待しています。
 
5.今後当社が進んでいく世界観・目標・メッセージ

弊社は、これまで小規模高付加価値な葬儀施設の多店舗展開を進め、競合との差別化をはかり業績を伸ばしてきました。

しかし、家族葬がコモディティ化するなかで、これまで構築してきた競争優位が失われていくことが予測されます。

今後は、現在の強みを強化してより「超小規模葬儀施設の多店舗展開」を進めていくことで、さらに小規模な葬儀サービスに機能を限定しながらも、施設やサービスの品質を向上させることで、より高い付加価値を顧客に提供していきたいです。

葬儀の場面では携わる方それぞれに故人に対する特別な想いがあり、「その大切な想いをカタチに」変えることが弊社に課せられた使命です。これからも葬儀業界の健全な進歩発展に貢献するリーディングカンパニーを目指し、価値ある葬祭サービスを生活者に提供することにより、次世代により良い葬送環境を残し人々の幸せに還元してまいります。

そして、至高の優しさと愛情に満ちたサポーティングカンパニーを目指してまいります。
 

株式会社神奈川こすもす
代表取締役
清水 宏明