代表者メッセージ

「終活」におけるイノベーションを実現する

 日本がはじめて「高齢化社会」(総人口に対して65歳以上の高齢者人口が占める割合を高齢化率という。世界保健機構(WHO)や国連の定義によると、高齢化率が7%を超えた社会を「高齢化社会」、14%を超えた社会を「高齢社会」、21%を超えた社会を「超高齢社会」という)となったのは1970年です。
そのわずか24年後の1994年には「高齢社会」、そしてついに2007年に高齢化率が21%を超え、「超高齢社会」に進んだことが話題となりました。「高齢化社会」から「高齢社会」へとステージが進むのにかかった時間は、日本が24年なのに対し、ドイツが42年、フランスは114年です。どれだけ日本の高齢化のスピードが速いものなのかがわかります。
 急速な変化という意味では、マイナスのイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。私は、「人は生きるために生まれてくる」と考えています。超高齢社会が進行するということは、「生きる時間がより多くなる」と言い換えることもできます。増えた生きる時間をどう活かすか-「生きた証として、人生の終焉をどう迎えるかを準備すること」、すなわち「終活」という活動のお手伝いが我々の使命です。
 AR(拡張現実)、 VR(仮想現実)、 AI(人工知能)といったテクノロジーの進化を無視することなく、新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革をもたらす終活イノベーション企業として、皆様に寄り添ってまいります。

代表取締役
村元 康

(早稲田大学客員教授)